補聴器相談について

当院では、補聴器についての相談をお受けいたします。

聴力は一般に30歳代を境に衰え始め、特に高音域から低下していきます。高い音が聞こえにくくなると、母音は聞き取れるものの、子音が聞き取りづらくなってきます。
例えば、「広い」と「白い」、「佐藤さん」と「加藤さん」などのような文言では、言葉の聞き間違いが起こりやすくなってきます。
補聴器を使う前に、日常の聞こえ方について改めて思い返し、まずはご自身の聴力の状態を正確に認識することが大切です。

難聴の方が補聴器を使う目的は、主に言葉を聞きとることにあります。「家族や友人との会話」「仕事でのコミュニケーション」「テレビや映画を楽しむ」など、生活のさまざまな場面における言葉の聞きとり状況を改善するために、補聴器は利用されます。

補聴器のいろいろな種類

補聴器と一言で言っても、いろいろな種類があります。見た目の形も違えば、価格によっても、搭載されている機能によっても違いが出てきます。また、信号処理の方法によって、アナログ補聴器とデジタル補聴器に大きく分けることも出来ます。
補聴器にはいろいろな種類、タイプがありますが、それぞれの特徴をよく理解して、自分の聴力や聞こえの状態、形状や付け心地の好み、予算等に合わせて、最適な補聴器を選ぶようにしましょう。

なお補聴器を装着しさえすれば、以前と全く同じような聞こえに戻れるというわけではありません。しかし、今まで聞こえなかった音が聞こえるようになることで、生活の中でのさまざまな不便が軽減され、より快適に暮らせるようになります。

補聴器は主に生活の場で使われますが、あくまでも医療機器ですから、自分に最適な補聴器を選ぶために、耳鼻咽喉科医にご相談なさることをお勧めいたします。

診療内容
  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 患者の気持ち
  • トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ