睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に呼吸停止、または低呼吸になる病気のことです。
「いびきがうるさい」
「日中の眠気がある」
「朝起きると体が重い」
のいずれかがあれば、睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)が疑われます。

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が止まり、十分な睡眠が得られないことによって日中の眠気を催します。
症状としてはほかに、倦怠感、熟睡感が無い、起床時の頭痛、ED(勃起不全)、夜中に何回もトイレに行く、などがあります。
きちんと治療しないと、交通事故、高血圧や糖尿病、心臓の病気や脳卒中などを招来する確率が大幅に上がりますし、職業や家事などの私生活に何かと悪影響が出がちですので、放置するのは禁物です。治療の主流となるのは、下記の「CPAP療法」という方法です。

CPAP療法による治療

8年間放置すると、なんと死亡率が約37%になるという報告もあり、軽視すると怖い病気です。
しかしCPAP療法*などできちんと治療すれば、健常人とほとんど生存率は変わらないと考えられています。
家族や友人から、睡眠中の大いびきや呼吸の一時的停止を指摘されたことは無いでしょうか。もしあるとしたら、睡眠時無呼吸症候群の可能性が疑われるので、専門医への受診をお勧めします。

CPAP療法(Continuous Positive Airway Pressure=経鼻的持続陽圧呼吸療法、通称シーパップ)
鼻に装着したマスクから圧力を加えた空気を送り込むことによって、ある一定の圧力を気道にかけ、気道の閉塞を取り除く治療法です。
中等症から重症の患者様にとても有効で、今や睡眠時無呼吸症候群の最も重要な治療法となっています。

診療内容
  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 患者の気持ち
  • トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ